コミュニケーションスクール セルフコンフィデンス沖縄

お問い合わせ メールフォームへ メールフォームへ
イメージ写真

01.あがり症克服講座

あがり」とは、不安・恐怖心です。
何に対する不安・恐怖心かというと、他者からの「評価」に対する不安・恐怖心です。 この不安感から自意識が強くなり、他人の視線が気になり、身体が硬くなったり、声が震えたりという身体症状が起きてしまうのです。

一方、「あがり症」というのは、「人前であがる」ということを何度も 繰り返し経験することによって条件づけされた条件反射、反応パターンです。
この講座では、こういった「あがり」もしくは「あがり症」という状況を改善していきます。

「あがり」の原因の多くは、話し方、つまり自分の耳に届く情報から発生することが多いので、まずは話す技術をトレーニングします。 また、「あがり」の原因が認知(物事の受け止め方や考え方)にある場合が非常に多く、そのためこれまでの思考パターンを変えるトレーニングを行っていきます。 そして、あがらないで話すフラットな状態が作れたら、セルフマネジメント法を学んでいただきます。「あがり症」を克服するには、このセルフマネジメントが非常に重要なのです。

主なカリキュラム

  • あがり概説(緊張とあがり、あがり症について)
  • 話し方の技術(母音・子音の正しい発音、声帯をひらく、スピー ド、間の取りなど)
  • コミュニケーション概説
  • 論理的な話し方と情報整理法
  • セルフマネジメント
  • スピーチトレーニング
  • プレゼンテーショントレーニング
  • アサーティブな表現方法

 ※カリキュラムの内容は、受講生の進歩状況など、状況に応じて変更する場合もあります。

講座料金

週1回の約2ヶ月(全8回 16時間)

 
  • 平日夜間クラス 69,120円
  • 週末午前クラス 64,800円

講座の対象者

 こんな人に向いています!

  • 人前で話しをする時、心臓がドキドキし、自己嫌悪になる人
  • 対人不安がある人
  • 人間関係(コミュニケーション)に自信がない人
  • 自分の欠点に目がいく人
  • 完璧主義な人
  • 自分に自信がない人
  • 引っ込み思案で恥ずかしがりな人

"あがる"ということについて

多くの人は話すことが下手だから「あがり」と考えているようですが、話すことが下手だからあがるというわけではありません。 たしかに、話すのが下手なために緊張してあがってしまう人はいます。

しかし、「あがり症」の人でも上手に話すことが出来る人はたくさんいて、必ずしも『話しが下手=あがり症』とは限りません。

あがり症」の人は、上手く話せたとしても「でも何かまだダメ…」と足りないところを探してしまいます。 これは、認知(受けとめ方や考え方)に大きな問題があるためです。そのため、上手に話せても自分の中の不安感情が消えず、 自分を認めてあげることができません。 その部分を変えることが「あがり症」の改善へとつながります。

pagetop